カニの売ってるお店

北海道の市場で買ったタラバガニが脱皮直前でハズレだった話。活きてる蟹だから絶対美味い訳ではない理由を解説

管理人
管理人

生きてるから鮮度抜群で美味しいとは限らないです!

2020年の1月に北海道へ行った蟹好きCちゃんがばあやの為に「生きてる美味しいタラバガニを買って行ったら絶対喜ぶよね!」という事で、僕も過去に2019年の1月に買って美味しかったので、場外市場に行ってタラバガニを買って発泡スチロールに入れてもらって輸送費がもったいないからとw手で持ったまま飛行機に乗り込み東京の家まで持ち込んで食べましたが、高いお金払って買ったのになんと脱皮直前の残念蟹でマズーだったんです..!!ぐはー….

以前僕が同じお店で生きてるタラバガニを買った時はそれは美味しくて、やっぱり高いだけあるなと思いましたがそれは運が良かったからです。


今回行ってきたのは北海道の場外市場。


お兄さんがいるのでどのくらいの料金で何人ぐらいで食べるのか伝えると蟹を棒で引っ張って重さを測ってくれて「この蟹どうですか?」とその場で値段を教えてくれます。


何匹か重さを測って選んだのがこの蟹で1.7kgで1万6千円。甲羅にびっしりフジツボがついていますが、海に長く入っていたのがわかります。


購入したのは31日で飛行機で帰るのがそれから3日後でしたが、帰る日に市場に取りに行き大きいな発泡スチロールに入れてくてました。


これをCちゃんが輸送費がもったいないからと自分で北海道から東京まで持って帰ってましたがめっちゃ大変だったと後から聞きました。

東京にタラバガニが到着!


北海道からわざわざ持って帰ってきたタラバガニはまだ生きていますが、ばあやは「こんな高いの持ってこなくて良かったのに〜」と喜ぶどころか少し遠慮気味。

自分で買ったタラバガニだからと初めて捌いていますが、


きもおおおお!!!!なんか出てきた!!!と途中から放棄。


1匹まるまるのタラバガニは頭部分が大きくて実際食べれる部分が少ないので購入するのは少し損をします。まあ見た目のインパクトは大ですがお得に食べるならやっぱり肩だけで十分ですね。


グリルでいつも通り焼きタラバガニで食べる事にしました。


頭がついてる状態のタラバガニの重さは1.7kgありましたが、実際カットして食べれる部分はお皿の重さを抜いて合計1.0kgほどになりました。頭どんだけ重たいんだ。

いざ実食!!


これはばあやも喜ぶだろうと思ったら、脱皮直前の皮がペレロとくっついてる!!!なんじゃこりゃあああ!!!


ばあやも「この皮ベロベロね…本当に北海道の市場で買ってきたの?」と疑問に思っていました。そりゃこうなりますね…。


タラバガニを食べたCちゃんもご覧の顔。


僕も食べようとしましたが、他の足も全てベロベロの脱皮直前の皮付き蟹….

この皮の何が嫌だって本来身で食べれる部分が皮になっているので可食部が減る上に食べづらくなるんですよ。気づかずにガブリと食べたらゴムがくっついてる様な食感で一気に気分が滅入ります。タラバガニを豪快にガブリと食べるやり方ができないんです….!

食べてみましたが、身の大きさも小さくなっていて、味も薄味を通り越して塩分足らずのイマイチで蟹の風味もうっすらと…これはもったいない….。やってしまったな…。

動画でみてもらうと分かりますが、こんな感じになっているんです…!皮の裏に身がくっついていますが、指や箸で剥がして食べることになり味も落ちる。

とはいえもったいないから顔いっぱいに蟹をつけながらニコニコ食べるCちゃんなのでした。

生きてるタラバガニをおすすめしない理由を解説

今回生きてるタラバガニを買ったのになぜ失敗してしまったのか書いておきたいと思いますが、市場には大きな生簀に大量の蟹がいますよね?ここから蟹を選んで買いますが、「この蟹いつ取れていつからこの生簀に入ってるの?」か疑問に思いませんか?

それでなくても値段が高いので生きてる蟹はバンバン売れる商品ではありません。毎日餌を与えられる事もなく生きていると蟹の身はスッカスカになり身も味も薄くなってしまいます。「この蟹何キロ?」と聞くと棒で引き上げて体重を測ってくれますがその度に水から出されるので蟹の元気も無くなってしまいます。

以前東京の料亭で高いお金を払って蟹を食べた事がありましたが、お客は全然入っておらずその時も生簀に沢山入っている蟹の中から選んで捌いてくれましたが味が薄くって全然美味しくなかったのも同じ原因です。

北海道から東京に直送されて時間が経つと味が落ちてしい、生簀で生かされた蟹の身はいつまでも売れ残るとどんどんスカスカになります。だから生きてるから鮮度が良くて美味しいんだろうな!と思うのは勘違いという事です!本当に美味しい蟹は撮れたてで直ぐに食べる蟹!しかし普通の人がそれを食べるのは無理だから港についたり船上ボイルして直ぐに冷凍してくれるスーパーやネット通販で売ってるタラバガニの脚を食べるのが値段も安くて美味しいのです!本当に美味しい鮮度の良いタラバガニを手に入れたいなら毎年蟹を買って市場のお兄さんと仲良くなるか、それだけのお金が必要になります。だから築地市場では生きてるタラバガニは数店舗でしか売っていなくて冷凍済みのタラバガニだけです。過去に行ってきた記事はこちら


生簀の中に入ってても裏返って死にそうなタラバガニだっていますよ。重さと値段ばかりを気にしているとそんな姿も気にせず買ってしまう羽目に陥ります。

もちろん過去に活タラバガニを買った時は美味しかったので当たりの蟹に出会える事もできますが、今回のように運悪く脱皮直前の蟹に当たってしまう事もあるし東京まで持ってきて食べようなんて思うと風味が落ちて台無しになってしまうので高いお金を払うリスクが大きいです!

だったら初めから採れたて直ぐに船上ボイルされて値段も安価なタラバガニの足を買った方が間違いありません。過去に4連続食べている巧本舗のタラバガニは1度も残念な蟹に出会った事がないので食べてみることをお勧めします。正直当たりの生きたタラバと同等の味です。食べた記事はこちらに書いてるので読んでみてください!

あわせて読みたい
2020年 巧本舗のタラバガニ実食レポート!量・質・値段で間違いない! ●1回目実食 2020年 楽天市場 「かに匠」で実食 先日今年1回目のタラバガニを食べて調査して2回めの実食です。...
管理人
管理人

生きてる鮮度の良い最高級のタラバは見た目重視!お祝い事でみんなでうわ〜!っと喜ぶのに向いていますが、船上ボイルされて直ぐに冷凍されたタラバガニの方が値段も安いし量も多くてお得な事を覚えておいてください。

 

ABOUT ME
管理人ゆーすけ
管理人ゆーすけ
北海道出身で年間10万円以上蟹を食べては口コミを書いているkani-kau.comの管理人ゆーすけ(31歳)です。身銭を切って蟹を食べてはお得な美味しい商品やお店を紹介しています。得意料理はワタリガニのパスタ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)